ガジェット

PowerbeatsProを洗濯・乾燥してみた

SocialGameTimer
ソーシャルゲームをもっと楽しむために、効率よくスタミナを管理するAppです。
Download on the App Store

やってしまいました。

イヤホンを洗濯するのは何度目だろう。「さすがにPowerbeatsProを洗濯するわけにはいかない」と気を付けていたのに。

思えば、AirPodsもAirPodsProもすぐに落っこちてしまう耳がマイノリティの私は、PowerbeatsProの発売を心待ちにしていました。

発売初日に届き、サイクリングしてもランニングしても全くズレないPowerbeatsProに「一生ものだ!」と感動したものです。

買ってすぐこそ、低音がスカスカで不良品かと思い、交換までしてもらいましたが、一か月たったある日、イヤーフックが調整できることに気づいて激変!装着感が圧倒的に良くなり、低音も音質も180°変わりました。

それ以来、どこに出かけるにも持ち歩くようになった相棒を洗濯・乾燥してしまうなんて・・・。

そんな悲しみを背負いながら、ダメもとでiPhoneに繋げてみたところ・・・、

聞こえる!

いや、ホントにすごいつくりをしています。

さすがにボタンは全く押し込めなくなっていて、「これぐらいはガマンするかあ。」なんて思っていたんですが、翌日、なぜか元通り普通に押せるようになっていました。

もう二度と洗濯しません。一生添い遂げます。

でも最近は、ノイズキャンセリングもついていて、PowerbeatsProより音も良いとウワサのBeats Studio Budsも密かに気になっていたり・・・

ただ、 Beats Studio BudsはW1/H1チップ搭載していないんですよね。iPhone,iPad,AppleWatch,Macとアップル製品まみれの私には、やっぱりPowerbeatsProかなあ。大事に使おうっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました